HOME > 不動産の価格の評価について

不動産の価格の評価について

不動産を売却するときには、売り出す価格を決めることが必要となりますが、このときには色々な方法で不動産を評価します。その方法の一つとして取引事例比較法があります。取引じれ比較法は、土地やマンションの価格査定に用いられるものです。簡単に言うと、同じような不動産を探して、それがどれくらいの価格で取引されていたのかを参考にして価格を決定するものです。全く同じ不動産はありませんが、ある程度は同じような不動産が存在しますから、これを元にして評価を行います。
これができるのは、土地やマンションは比較しやすいからです。土地の場合には、坪単価で比較することができますから、立地条件が似ていれば坪単価で比較しやすいと言えるでしょう。マンションの場合には、ほぼ同じようなマンションというものは存在します。同じ建物には同じ間取りで同じような設備のものがありますから、比較しやすいと言えるでしょう。
戸建て住宅の場合には個性もありますから、なかなか比較することは難しいと言えるでしょう。間取りや設備も様々ですし、デザインなども大きく影響してきますから、簡単に比較することができません。そのために、売却の最低では他の方法で評価されます。

店舗の売却や居抜き物件を探している方におすすめのサイトで、こだわりから探すことができるので理想の物件が見つかりやすいです。 居抜き物件検索に特化した当サイトではこだわり条件検索もできますので、お客様のお気に入りの物件を見つけてください。 当社の強みは、インターネット上から目的としている居抜き店舗物件を豊富な件数の中から見取り図つきで探すことができることです。 居抜き物件サーチでオススメの居抜き物件を見つけましょう。